【無料】対面&ZOOM個別相談会実施中

【2024年版】フィリピン不動産売却の手順、期間、注意点6選

「フィリピン不動産 売却方法」に最適な方法はないか?と悩んでいませんか。
フィリピン不動産は、売却タイミング、仲介する不動産エージェントによって、売れるまでの期間や売却価格が大きく変わるため、適切な方法を見極める必要があります。本記事では、フィリピン不動産の売却方法と合わせて、コツやを紹介していますおので、ぜひ参考にしてみてください。

フィリピン不動産の売却手順

フィリピン不動産売却に必要な基礎知識

フィリピン不動産売却の輪郭を掴むために知りたい6つのコトを分かりやすく解説していきます。

フィリピン不動産売却の流れ

海外不動産を売却する際は、情報を得るのが国内不動産よりも大変な分、リサーチや不動産会社を選定するだけでも、あっという間に時間が過ぎてしまいます。あらかじめ、フィリピン不動産売却の流れを把握しておきましょう。

フィリピン不動産売却の流れ
  • 売却手順①:ポータルサイトで相場をリサーチ
  • 売却手順②:プロへの売却相談・仲介会社選び
  • 売却手順③:査定依頼媒介契約
  • 売却手順④:売却のための販促活動
  • 売却手順⑤:交渉・売買契約・物件引き渡し

フィリピン不動産売却するための期間

フィリピン不動産を売却までにかかる期間は平均6ヶ月〜1年と言われています。フィリピン不動産では、また国内不動産よりも売却環境のインフラが整っていない分、1.5倍〜2倍ほど売却期間がかかります。

Studioタイプ、1Bedroom(1LDK)は早く売却しやすい傾向にあり、逆に3Bedroom(3LDK)以上、ペントハウスなどの大型物件、4000万ペソ(1億円)以上の物件に関しては、購入者の母数が少ない分、売却期間も長くなる傾向があります。

フィリピン不動産の売却期間を早める方

売却期間を早めるにあたって、予め準備して決めておきたいことが2つあります。

売却希望条件を決めること」と「売却する不動産の対象を定めること」です。

フィリピン不動産では、エージェントも顧客をたくさん抱えていますから、自分の物件を優先して売り出してもらうためには、期日と価格を明確にしておくことが重要です。物件の媒介をお願いする前にブローカーに「いくらで売りたいか」「いつまでに売りたいか」を決めて、はっきりと伝えておくようにしましょう。

STEP1:フィリピン不動産の相場リサーチ

不動産ブローカーに査定を依頼する前に、「大体いくらくらいで売却できそうか」を知るには「相場価格」を調べる必要があります。

個人の方がフィリピン不動産の相場価格を調べるときは、「物件情報ポータルサイトで、売却したい不動産と同じ物件、または周辺の類似する条件の売却希望価格と過去の売買成立価格を調べる」という方法があります。

年々不動産相場が上昇しているフィリピン不動産では、1年以上前の売買性質価格を参考にすると現在の物件価値に比べて価格が低く設定されていることがあるため、注意が必要です。売却希望価格を調べる場合は、オーナーの高く売りたい強気姿勢が反映され、実際の売買価格と乖離している場合があるため、複数の類似物件を比較し、明らかに割高な価格のものは無視して考えるとよいでしょう。

STEP2:仲介会社選び売却相談

不動産エージェントごとに「交渉力」「ネットワーク力」「知識量」に差があり、どの不動産エージェント選ぶかによって最終的な売却価格は大きく変わります。

良いフィリピン不動産エージェントを選び方
  • ポイント①:現地に根ざした会社であるか
  • ポイント②:年間どれだけの物件を売買仲介しているか
  • ポイント③:ネイティブに近い英語力を持った日本人スタッフがいるか

海外不動産売却では国内不動産と比べてもトラブルが起きる可能性が十分があり、トラブルに対処できるだけの知識、経験があることを見極めることが重要になってきます。

STEP3: フィリピン不動産会社への査定依頼媒介契約

ある程度の相場を調べた後は、不動産会社への査定依頼を行います。不動産会社によって査定額が100万ペソ単位で変わることがあるため、査定をお願いする際にはできるだけ年間たくさんの売買仲介をしていて、実態に近い売買価格の相場を深く把握している不動産エージェントに頼むと良いでしょう。査定価格に満足したら、媒介契約(仲介の正式な依頼)を行います。

STEP4:売却のための販促活動

媒介契約を済ませると、不動産エージェントが販促活動を開始します。販促活動は基本的にすべて不動産エージェントが行うため、ここからは買主からの交渉を待つだけとなります。

不動産エージェントは、集客をするために不動産ポータルサイトへの登録、現地ネットワーク活用、SNSでの告知を行います。また購入希望者からの問い合わせに対して、説明や内見案内などを行います。

STEP5:交渉・売買契約・物件引き渡し

フィリピン不動産の売却時には、買い主からの価格交渉(指値)を受けることが珍しくありません。フィリピン不動産相場は年々上昇しているため、売却を急がない限りは値引き交渉を受けず、自分の希望価格で売れるまで待つというのが一般的となります。

交渉が成立したら、購入者からの買い入れの申し込みが入り、手付金の支払れるのを待ちます。フィリピン不動産を購入する際には、購入者は基本的に手付金を支払う必要があります。またローンで不動産を購入することが多い日本とは異なり、フィリピン不動産の中古物件は現金一括で買う場合が大半であることから、一度購入申し込みが入ったら高い確度で売買制約となります。(日本の場合は、申し込みが入っても購入者のローン審査落ちで売買が白紙になるケースがある)

フィリピン不動産売却にかかる費用

フィリピン不動産売却時には、仲介手数料や税金などの諸費用もかかります。最初に決めていた売却額では、事前に想定していた売却益に達しないことも。不動産エージェントに相談する前に、売却希望価格から逆算して、いくら手元に残るのかを計算しておくようにしましょう。

金額
不動産譲渡税物件価格、または評価額の高い方の6%
仲介手数料物件価格の3〜6%

フィリピン不動産を売却使用とすると目安としては、売却価格の9~12%ほどの費用がかかります。フィリピン不動産の税金についてはこちらでも詳しく解説しています。

【2024年版】フィリピン不動産購入手順と費用、税金を解説

本サイトの掲載内容は、提携先企業やデベロッパー等、信頼性が高いから入手した一次情報を基に、専門家が1人で執筆しております。正確を期すよう努力しておりますが、必ずしも正確性を保証するものではありません。最終的な契約等の決定は、売主から提示される契約書や販売条件記載書面を熟読された上、自己責任でご判断ください。本サイトでは2023月03月15日現在の為替レート(1PHP=2.5円)を採用しています。購入・支払時点の為替相場により、為替レートは異なりますのでご注意ください。

関連サイト:土地登記庁(LRA) 国家住宅庁(NHA) 建設業者認可委員会(PAAB) 国土交通省

海外ポータルサイトを運営。安心と信頼のフィリピン不動産エージェント
©︎2022 フィリピン不動産カレッジ All Rights Reserved