【無料】対面&ZOOM個別相談会実施中

【フィリピン不動産】センチュリースパイア/ Century Spireの紹介&評価

Century Spire Residenceの概要

アルマーニとコラボ。控えめかつラグジュアリー

1分でわかる物件情報
物件名Century Spire Residence /センチュリースパイヤー
エリアマカティのポブラションエリア
価格帯2500万円台〜(1円=2.5ペソ換算)
想定賃料Studioタイプ(36sqm) 5.5万ペソ〜
階数50階建て
戸数505戸
デベロッパーCentury Property / センチュリープロパティ
竣工年2022年

センチュリースパイヤーレジデンスは、イタリアの名門ファッションブランド「ARMANI」と全面コラボしたセンチュリーシティエリアで一番新しいコンドミニアム。(※2023年7月現在)

センチュリースパイアの立地

住所:Century Spire, Century City, Kalayaan Ave, Makati, 1210 Metro Manila, Philippines

エリア情報:マカティ、ポブラシオンエリア内のセンチュリーシティに位置する。センチュリーシティはレストラン、スーパー、薬局、買い物、映画館など生活に必要なものがすべて徒歩5分以内で揃う街である。ポブラシオンはマニラきっての夜遊びスポットであり、飲食店、バー、クラブなどナイトライフを充実させることができる。

周辺環境:24時間の総合病院”Centuria Medical Makati”と大型の高級モール”Century Mall”が隣接。クラブや多くの飲み屋がある有名な通り”P Burgos通り”まで5分で歩いていくことができる。スーパーは”The Marketplace ”まで徒歩3分(インターナショナルスーパーで日本食も取り扱いあり。サッポロ一番塩ラーメンが売っている)

アベ教授
アベ教授

周辺にはマッサージ屋やスパ施設が多く、日系の温泉施設I’M Onsen Spaまでも歩いて5分でいくことができます(大浴場やサウナがある)

センチュリースパイアの共用施設

24時間有人管理、ロビー、プール、ジム、ジュースバー、リラクゼーションルーム、会議室、駐車場、エレベーター、宅配預かりサービス

エレベーターはカードキーをかざさないと自分の階まで行くことはできないなど、建物内のセキュリティは硬め。エントランスから部屋の内廊下までニューヨークの高級ホテルを思わせるような雰囲気となっています。

アベ教授
アベ教授

戸数が他のコンドミニアムと比べて少ないのに対し、プールやサウナなど共用施設は、メガコンドミニアムに匹敵、もしくは同等以上の豪華さとなっています。

センチュリースパイアの特筆点

  • アルマーニがデザイン:インテリアデザインは、アルマーニカーサ(ARMANI CASA)、キッチンはアルマーニダダ(ARMANI CASA)、浴室、洗面室はアルマーニロカ(ROSA)とアルマーニブランドと全面的携わっている
  • オフィスエリア:同建物内で居住エリアとオフィスエリアに別れている。エントランスは別。
  • 建物が新しい:2022年に建設されたばかり。入居開始は2022年10月26日からとなっている。

センチュリースパイアのここだけの話

  • キッチンまでアルマーニ:共用部のみならずシステムキッチン、照明、壁材、床・天井まで全てアルマーニが手がけており、部屋の中でアルマーニの美学を節々に感じることができる
  • 全ての部屋に内線付き:全ての部屋にロビー直通の内線がついていて、用がある場合は部屋までスタッフをすぐ呼ぶことができる
  • 高層階かつ室内プール:一般的なコンドミニアムは共用部分が低層階かつ外プールであることが多いが、センチュリースパイヤーのプールは屋内プールのため、雨の日でも利用することができる
アベ教授
アベ教授

ユニットバスではありますが、水回りの綺麗さ、新しさはフィリピンのコンドの中でもピカイチです。

Century Spire Residenceの物件評価

センチュリースパイヤーは富裕層を惹きつける魅力のある物件。

物件レビュー

物件付加価値
 (5)
立地(周辺環境)
 (4)
共用施設
 (4)
デベロッパーの信頼度
 (4.5)
コストパフォーマンス
 (2.5)
総合評価
 (4)

アルマーニが掲げている”控えめかつラグジュアリー”というコンセプトを忠実に再現している。部屋の内装は、日本の新しい高級タワーマンションに近く、いい意味でフィリピンらしさを全く感じさせない。

キャピダルゲイン(売買益):アルマーニのブランド力、立地、築年数の浅さから強い付加価値と希少性を持っている。2022年10月入居開始ということもあり、現状売られている物件のほとんどが新築物件で、プレビルド時の価格に転売益が乗ったものであるので、絶対的な価格は高く、広さに対しても割高。

インカムゲイン(賃貸収入):賃貸に出した場合テナントは、概ね外国人(主に中国人、欧米人)が想定される。センチュリーシティ内で1番新しい物件かつ、同様のコンセプトを持った物件がマカティにはないため、かなり賃料に期待できる。また感度が高い住人が想定されるため、Fully furnished(全家具付き)ではなく、Semi furnished(基本的な家電のみ付き)で賃貸に出した方が良いだろう。管理会社つける場合は中国語が話せるスタッフ在中の会社を選ぶべき。

Century Spire Residenceを買うべき層、買うべきでない層

◎短期間での売買益を狙いたい方、10年間以上安心して保有できる付加価値の高い物件を購入されたい方

△ 安定した売買価格の物件を購入されたい方、物件取得費用を抑えたい方

アベ教授
アベ教授

現時点で割高なので、今度も高騰するかは見極めが必要ですが、うまくいけば短期的で大きな利幅を狙える非常にポテンシャルが高い物件です。


本サイトの掲載内容は、提携先企業やデベロッパー等、信頼性が高いから入手した一次情報を基に、専門家が1人で執筆しております。正確を期すよう努力しておりますが、必ずしも正確性を保証するものではありません。最終的な契約等の決定は、売主から提示される契約書や販売条件記載書面を熟読された上、自己責任でご判断ください。本サイトでは2023月03月15日現在の為替レート(1PHP=2.5円)を採用しています。購入・支払時点の為替相場により、為替レートは異なりますのでご注意ください。

関連サイト:土地登記庁(LRA) 国家住宅庁(NHA) 建設業者認可委員会(PAAB) 国土交通省

海外ポータルサイトを運営。安心と信頼のフィリピン不動産エージェント
©︎2022 フィリピン不動産カレッジ All Rights Reserved